Aikの技術的な進捗部屋

技術的な進捗とか成果とかを細々と投稿するブログです。時々雑記も。

LaTeXのはじめ その2

前回LaTeXとは、LaTeXのの導入 次回LaTeXコメントアウト法、小ネタなど

LaTeXerに、俺はなる!

チーム内で使用する資料作成のため、LaTeXを使う事に。
前回から環境構築までは終わりました。

ちなみにこの資料作成ですが…ぶっちゃけテンプレートがあるので、該当箇所だけ変えれば済む話ではあります。
でも、せっかくLaTeXを触れるんだし…と言う事でLaTeXに関して少し勉強する事にしました。

LaTeXについて、いつもの様に学んだ事やつまづいた事等を下記に備忘録がわりに記したいと思います。

ざっくりとした書き方

基本的なLaTeXの構造としては、下記の様になるそうで。

\documentclass[オプション]{文書クラス}
プリアンブル
\begin{document}
LaTeX 本文
\end{document}

…何やら見慣れない用語が連立してます。
1個ずつ見ていきましょう。

\documentclassについて

\documentclassには、「オプション」と「文書クラス」というものを指定できます。

文書クラスとは「論文(article)」「本(book)」「報告書(report)」といった文章の種類(フォーマット)のようです。
例えば「和文の論文を書きたい!」と言った場合は文書クラスにjarticleまたはjsarticleと書けばOKとの事。
jarticleは従来の和文論文形式、jsarticleは新しい和文論文形式を指す様です。

オプションには文字サイズの大きさや用紙サイズ、文章を2段組にすると言った様々な事が指定可能で、
中には用紙の向きを横向きに、と言ったことも。
横向きもデフォで設定出来るんですなぁ。

デフォルトでの文書仕様の詳細は、下記のようになっているそうです。

  • 文字サイズ: 10pt
  • 用紙サイズ: A4
  • 論文(article)と報告書(report)では、奇数/偶数ページは同じレイアウト
  • 本(book)では、奇数/偶数ページは違うレイアウト
  • 数式は中央寄せ表示
  • 数式番号は右寄せ表示

尚、文書クラスによって指定できる文字サイズは異なるみたいです…。

プリアンブルについて

プリアンブル領域では「ページのレイアウト」や「パッケージの読み込み」「タイトル等の設定」を行います。

ページのレイアウト

ページのレイアウトでは、ページの余白部分の大きさ等を指定できます。

とは言っても、デフォルト設定で十分いい感じに余白等を作ってくれるので…。
あんまりここをいじる必要は無いかもですね。

パッケージの読み込み

LaTeXには様々なパッケージがありますが、それらの読み込みはここで行います。
パッケージは、「拡張機能」という認識でいいのかな?

TeX入門によると、

LaTeX の機能を拡張したり,新たな機能を追加したりするために用いるもの

だそうです。
もちろん、自作のパッケージを作って読み込む事も可能だそうです。

個人的には、こういう機能を提供してくれてるのすっごく嬉しいんですよねぇ…。
(有志の方々が作られた色んな拡張機能を使って遊べるからね!)

ちなみに、私が貰った資料テンプレートには「titlesec」というパッケージが読み込まれてました。
こちらについては次の記事に調べた事を書きます。

タイトル等の設定

「タイトル」「著者」「日付」の設定もここで行います。
尚、ここではあくまで設定しか行いません。
出力をするには、本文領域に\maketitleと書きましょう。

参考までに簡単な設定をしたLaTeXファイルのサンプルを置いときます。

\documentclass{jsarticle}

% プリアンブル
\title{タイトル}
\author{著者名1 \and 著者名2}
\date{2009/05/24}

% 本文
\begin{document}
  \maketitle % タイトル等を表示
\end{document}

プリアンブルについて- 補足

輪読資料テンプレートのプリアンブルをよく読むと、\setlength{\textheight}{\paperheight}や、
\addtolength{\textheight}{-\topmargin}と言ったものも設定されてありました。
気になって調べてみると、どうやらこれらは「ページレイアウトパラメータ」と言うものを設定してあるそうです。

ページレイアウトパラメータについて

ページレイアウトパラメータというのは、例えば「本文領域の高さ」や「ヘッダ領域の高さ」など、レイアウト面を司るパラメータの事だそうです。

\setlengthというのはこのパラメータに値を設定するコマンドの事で、下記の様な形で書きます。

\setlength{パラメータ}{設定値}

また\addtolengthはパラメータに数を追加するコマンドで、こちらも下記の様な形で書きます。

\addtolength{パラメータ}{追加したい分の値}

ページレイアウトパラメータでは色んな部分を指定する事が可能(2段組をした時の左右2つのカラムの間隔とか)なので、気になった方は調べてみて下さい。 参考記事

本文について

いよいよ本文領域についてです。
こちらでは、「実際に文書に出力される部分」を記述します。

本文領域は、下記の様に\begin{document}\end{document}の間に記述されるものです。

\begin{document}
LaTeX 本文
\end{document}

本文領域に記述できる事はたっくさんあります…というか文章の中身を記述するわけですからね。
ここで触れるのはやめておきます。

詳しく見たい方は、下記のサイトを参考にするといいかもです。ジャンル毎にコマンドがまとめられてるため、大変探しやすいです。
www.latex-cmd.com

ざっくりとした書き方については以上です。めちゃくちゃ長くなった…。

次の記事へ…

LaTeXを使ってみて気づいた事(つまづいた所や気をつけた方がいい事も)をまとめてみましたが、ここまでで結構な文量になったので…。
一度ここで分けたいと思います。

次の記事には、例えばコメントの書き方や特殊文字の書き方等の基本的な所や、ページ番号の消去法等のもっと細かい所についてを書いてあります。

※上の方で出てた「titlesec」についても書いてます。
LaTeXについて興味がある人は覗いてみると面白い事が書かれている(かも)です|д゚)