Aikの技術的な進捗部屋

技術的な進捗とか成果とかを細々と投稿するブログです。時々雑記も。

Java入門者のEclipseカスタマイズ その2

前回の記事
次回の記事

※筆者のEclipseのバージョンはOxygen.3a Release (4.7.3a)です。

カスタマイズ厨の悩み

学校から課された課題をやるため、JavaファイルをBracketsで書いてましたが…。
「単一のクラスファイルだからEclipseでなくていいかな…」と見積もった目論見は甘かったです。
どんなに小さなものでもそれ用のエディタを準備してるなら、それを使った方が良かったんだなと…。

2回目の課題でようやくEclipseを使ったのですが、やはりまともにカスタマイズしてないとストレス溜まりますね。
なんとか課題は終わったのですが、ストレスがマッハなのでいい加減カスタマイズしようと思います。

Eclipseカスタマイズ

さて、どんなカスタマイズをしたかですが…。
いかんせん項目が多いので、小さな章に分けて書いて行きたいと思います。

タブ幅のカスタマイズ

コードを書いてる時に一番ストレスだったのがこれ。
タブ幅が2でなく、4でない環境は発狂しそうでした…。
まずはここから弄ってみようと思います。

おもむろに環境設定画面を開き、そこから"一般"→"エディター"→"テキスト・エディター"を除くと、"表示されるタブ幅"の設定項目を発見!
早速数値を4→2にし、適用…しましたが、どうやら反映されてません。

ナンデ!?となりながら調べて見ると、どうやら言語毎の個別設定画面をしないといけない様子。
逆に言うと、言語毎にタブ幅を変えられるって事ですね…これはすごい。
早速そちらの設定をしましょう。

環境設定画面から、"Java"→"コード・スタイル"→"フォーマッター"より、新規ボタンをクリック。
適当な名前(筆者は参考記事と同様に"My_Eclipse"としました)を入力し、次の画面へ。
その後下記の様な画面が開くので、

"プロファイル設定画面"

ここの左端の項目"インデント"の、"タブ・サイズ:"の項目を2へ。
後はOKボタンを押し、"適用して閉じる"ボタンをクリック。
無事にインデント幅を"2"にできました!やったー!!

※ちなみに今回参考にした記事はこちらです↓
Eclipse のエディタでタブ幅を指定する / タブ文字ではなく空白を利用する方法

一先ず最優先項目は終わったので…次はテーマの辺りを触って行きましょう。

テーマのカスタマイズ(バニラ状態でのカスタマイズ)

単純にダークテーマにしたいだけなら、Eclipseに元から入っているテーマを適用すれば大丈夫みたいです。

ダークテーマには、環境設定>一般>外観からルック・フィール項目を変更する事で設定できます。
ダークテーマの他にも、クラシック等他のテーマもありました。

なお、エディタ部分のシンタックスハイライト等の項目も変更可能で、
環境設定>一般>外観>色テーマより様々なシンタックスハイライトテーマを選べます。
有名どころのSolarized Darkも入っているので、このテーマが好きな方はこれを選ぶといいかもしれません。

また、環境設定>一般>外観>色とフォントからはワークスペース内に表示されているタブのフォント、背景色も選べます。
ここでもかなりカスタマイズが出来そうですね。

テーマのカスタマイズ(プラグイン使用)

Eclipseに関するプラグイン導入には、「Eclipse Marketplace」と言うものを使うのが便利だそうです。
Eclipse Marketplaceを使えば、プラグインの検索やインストール/アンインストール等を簡単に行えるらしく…Bracketsで言う、拡張機能マネージャーみたいなものっぽいです。

もちろん、プラグインデータを規定のファイルに入れても良いのですが…。
せっかく便利なものがあるならそっちを使ってみようと言う事で。

結論から言うと…うん、これはすごい。
Bracketsを日頃から使っている筆者としては、この様な拡張機能マネージャーにかなり親しみがあるというか…。
というか、Eclipseにそういった拡張機能マネージャーがないのにちょっと驚きました。てっきりあるもんかと…。
でも中々良かったです!うん!!

次回は…あるのか…?

いやぁやっぱりカスタマイズは楽しい!うん!!
ただ、このEclipseカスタマイズ生活に結構な暗雲が立ち込めてあるんですよね(すっとぼけ)。

あと、「その2よりもその3を投稿した日付が早い」とか…まぁ…色々あったんです…うん…。
その辺りは次回でということで。Eclipseスタンバイ!!(やけくそ)

ExcelでWebアプリが作れるサービスがあるらしい

Excel関連の面白そうなツール見つけました

最近Twitterを見てるとIT関連の方々の嘆きの声がちょいちょい聞こえます。
中でも「社内で代々使われてきているExcelファイル、てめーのせいで効率落ちるんだよ!」とか「何でもかんでもExcelでやりやがる風潮がクソ」とか言うツイートに結構衝撃を受けました。

もちろんこの様にExcelの事をツイートする方々も、別にExcelが嫌いというわけではなく「上司が脳死状態で何でもかんでもExcelを強要する風潮」が大嫌いなだけでしょう。
実際、筆者もExcelはちょいちょい使いますが、結構有用なツールですからね。
(あ、Googleスプレッドシートの話は一先ず置いておきましょう)

ただ、熟練したExceler、所謂「Excel名人」の中にはExcelに適した用途(データ管理)以外でもExcelを使ってしまうみたいです。
そしてその所為で大変な事になる場合も…。
(例を挙げるならば、レイアウトに凝った分データ管理がしにくくなったExcelシートとかですかね)

この様な…強く言えば「Excelの間違った使い方」をしている方々に向け、面白そうなツールを最近見つけました。

Excel名人をWebアプリ開発者に、「Forguncy」

あなたのExcelスキルが120%活かせるWebアプリ作成ツール -Forguncy(フォーガンシー) | グレープシティ株式会社

Forguncy(フォーガンシー)とは?
Excel感覚で手軽にWebアプリを作成できるツールです。
Excelの知識があれば、プログラミングの経験がなくても業務アプリを作成できます。
作成したWebアプリの運用を開始するにも難しい専門知識は不要です。

公式サイトより引用

Forguncyを実際に使われた方の記事も覗いて見ましたが…結構しっかりしたツールである様子。
www.buildinsider.net

このForguncyで自分が特に面白いなと思った所は、下記の通り。

  1. ExcelライクなUI
  2. Excelファイルをビューとデータに分割
  3. 既存のExcelファイルをそのままインポート、Webアプリ化可能
  4. 作ったWebアプリ画面をそのままExcel出力も可能

特に2.の項目はかなり面白いなと感じました。

Excelファイルをビューとデータに分割」とは?

ForguncyでのWebアプリ作成は、先にも述べた通りExcelライクで行えますが…。
ForguncyとExcelで決定的に違う事、それが「Excelファイルをビューとデータに分割」する事です。

「今までExcelファイルが問題視されていた原因の1つに、見た目とデータを両方同時に1つのExcelファイルで表現しようとする」とForguncy側は問題提起しており、 その解決法として、Forguncyでは上記の様な構造になっているのです。

この構造のため、既存のExcelファイルをインポートする際は、
そのExcelファイルを「ビュー」として読み込むか「データ(テーブル)」として読み込むか選択しないといけません。
ただ、これのお陰で今まで煩雑だったExcelファイルの扱い方を変える事ができる、とも言えそうですね。

最後に

自分としてはすごく面白く感じたこのForguncy、ぜひ広まって欲しいな、とも思いましたが…。

…こういう「古くからのExcelファイルがずっとある様な会社」って、こういった新しいツールを導入するのを嫌がるのかなぁとも思ったり…。
(そもそもこう言うツールに頼る様な会社なら、Excelではなくもっと効率的なツールを使うでしょうしね)

筆者の一意見にはなりますが…。
こうした有用なツールに目を向けず既存の物でやりくりしようという精神は、ぜひ廃れていって欲しいなと思います…本当に。

Java入門者のEclipseカスタマイズ その3(終)

前々回の記事
前回の記事

EclipseJava

前回からだいぶ時間が経ちましたね(具体的には3ヶ月半くらい)。
あれから筆者の身辺も様々変わりまして…うん。

一番変化があったのはアレですね。
学校でJavaを使う必要がなくなった
事ですかね。

これから後半年間くらい、自分が取り組む予定のものが…元々Java系統のものだったのですが、
色々あってWeb系統のものになってしまいました。
まぁ私としてはWeb系の方が興味ありまくりマンなので全然問題ないんですけどね。

「学校で必要がないからといってJava使わなくなる理由にはならないんじゃねぇ」と言うツッコミもあると思います。
ただ、現状ではJavaは自分がやるべき事/やりたい事の範疇外なので…。
またJavaに触れるのはだいぶ先になりそうです。

次回を待ち望んでいた方(まぁいないと思いますが)には本当に申し訳ない結果となりました(鼻ほじ)。
今後は技術系の事に関しては、Web方面の分野で突っ走っていく事になるかと…。

それではー!!

余談-なんでその2よりその3の方を早く投稿したのか

今回の記事をシリーズ通して見てくださった方(いる?)で、気づいた方もいるかもしれません…。
そう、今回のシリーズ記事は「その2」の方が「その3」より後に投稿されているのです。

なんでこんな事態が起こったか…まぁ、理由は…うん、
「その2」として書いていた記事の存在を忘れてたからなんですけどね…。
「その2」として書いてた記事を発掘した時は正直ビックリしました…はぁ…。
まぁこんなしょうもない理由で「その2」と「その3」の順番が入れ替わっちゃったのです。

以後気をつけることにします…うん…。

PrograteでRuby on Rail触ってみました

Ruby on Railsを扱うことになりました

色々あってRuby on Rails(以下Rails)を使用してWebアプリを作ることとなりました。

現状では自分で個人開発したいと思っているWebアプリ1つ、義務的に作ることになったWebアプリ1つといった感じです。
(まぁ義務的に作る方でもすっごく面白そうなWebアプリを作る事になったので、モチベーション的には前者とそう大差ない感じです)

かねてより気になってたRails…ようやっと使用できる機会に恵まれました!
ただRailsに関しては初心者も初心者。正直Rubyの使用経験すら怪しいくらい…。
環境構築も結構大変そうだし、はじめの一歩がつらいおって状況。

でも…そんな私の様な人にぴったりのサービスが…!

Prograteって知ってる?

Prograteとは、ブラウザ上でプログラミングが実践的に学べる学習サイトです。
(リリースされてから結構経ちましたし、知ってる人も多いかもしれませんが…。)
何がどう実践的かと言うと…実際にコーディングをしてその結果も全部ブラウザで見ながら学習が出来るという感じです。

※これまでも似たサービスとして「CODEPREP」というサービスがありましたが…。
こちらは2018年の9月で完全にサービス終了してしまうみたいです、残念…。

また、PrograteはWebプログラミングに特化した学習コンテンツを提供されています。
2018年7月12日現在でのPrograte学習ラインナップは下記の通りです↓

ただ、有料会員にならないと上記全ての勉強はできないそうで…。
(無料会員では、各ラインナップの初級編のみ出来る感じです)

ただ、初級編だけでもその分野のとっかかりには十分なボリュームであるらしく。
私もRailsのとっかかりとしてPrograteで学んでみる事にしました( *`ω´)

筆者もPrograteで少し学んできました

早速Prograteを使って、全10章あるRails学習のうち、第2章くらいまでをやってみました。
学んでみた感想としては…RailsとPrograteの便利さにそれぞれ驚かされた形に。

せっかくなので、それぞれの面白かった点等をまとめてみました。

Railsの面白かった点

Railsの特徴は「ブラウザ上でデータを表示させる機構とデータ自体を扱う機構、そして2つの架け橋となる機構が明確に分かれている」事だと思います。

機構がそれぞれ分かれている分、Railsを扱う際はたくさんのファイルを扱う事になってしまいますが…。
それぞれの機構を理解し、どこを触るかが分かれば後は簡単なものです。
※また、大抵のファイルはそこまで弄ることはないので…。

また、データを表示させる機構…「ビュー」は拡張子が '.erb' となってますが、実態はHTMLとほぼ変わらない形で使えます。
通常のHTMLと違うのは「Rubyのコードを埋め込められる」事、そして「変数を用いてデータを表示させられる」事くらいですかね。

もちろんCSSも普通に書ける(デフォルトでSassにはなってますが)ので…。
別のフレームワークを使っていたとしても、移行はさほど難しくないのではないでしょうか。

Prograteの面白かった点

Prograteの学習の流れとしては、下記の様になっています。

  1. まず2人の会話形式をとった説明のパート(超絶分かりやすい図やアニメーションもあり)があり、
  2. その後実際にコードを叩いて結果を見るパートがある
  3. 後は2、3の繰り返し

特に2のパートの出来が非常によく、エディタやコンソール、ブラウザ、データベースとプログラミングに必要な環境が全て整っております。
具体的なやるべき事もちゃんと載っていますし、1のパートで見た情報ももちろん見れるので、ストレスなく学ぶ事ができます。

また、ちょっとした小ネタも随所で学べました。
※例えば「拡張子.erbは "埋め込みRuby(Embedded Ruby)" の略」とか…。
こういった細かい事も学べるところもPrograteのいい所だと思います。

今後について…

Prograteを使ってRailsのふんわりとした概要はわかったので…。
次からは環境構築をして、自環境でやってみようと思ってます。
そしてその合間にPrograteでRailsを学んでいけたらな…と思います!

カスタマイズはほどほどにしましょう

カスタマイズはほどほどにしようね

最近色んなプログラミング技術等をうす〜く齧っていく日々が続いてます。
そんな中、どうしても解決しない問題がいくつかあり…長らく放置していたのですが、
詳しい方に見てもらったら一発で解決できちゃいました。

まぁ原因はこの章の見出しの通りなんですけどね…。
今後の自分への戒めとして、この記事を残しておこうと思います。

具体的にはどんな事か

大きく分けて2つあるので…。
詳しく述べていきたいと思います。
今後誰かの役にたつかは微妙な内容っぽいですが…。

"git clone"が出来ない

日頃からGithubさんには色々とお世話になっている筆者ですが、
Gitコマンドを使い始めたあたりから、git clone https://github.com/...を実行するとこんなエラーが出るようになりました。

ssh: Could not resolve hostname github: nodename nor servname provided, or not known
fatal: Could not read from remote repository.

何でかと思ってうんうん悩み、色んな記事等を漁りまくってたのですが解決方法は見当たらず…。
結局半月か1ヶ月ほど放置してました。

原因究明&解決

その後改めて詳しい方に見てもらったところ、.gitconfigファイルに下記のような記述が。

[url "github:"]
    InsteadOf = https://github.com/
    InsteadOf = git@github.com:

…どうやらこれが悪さをしていたようです。
改めてみると「何でこんなことしてるんだろ…」と思いました。
遠い昔(2ヶ月くらい前)に色んな設定を訳も分からず弄っていたツケですかね…うん。

一先ず今回は、.gitconfigファイルをバックアップとって削除することで動くようになりました。

vimでファイル書き込みが出来ない

何故か自分のターミナルからVimを起動すると、書き込みや終了がうまく終わらないんです。
!を付けてqなりwなりを実行しないと書き込めない現象に…。
(自分で作ったファイルなのにね、おかしいね)

このせいでVimにちょっと苦手意識を持ってしまっている自分もいました。
(Vimmerの人、マジでごめんなさい)

原因究明&解決

こちらも詳しい方に見てもらったところ….vimrcが悪さしてるっぽい感じに。
試しに.vimrcをのぞいて見たら…大量の記述が。

…そういえばだいぶ前に、Vimをカッコよくしたいなぁとカスタマイズ記事を見て色々コピペして遊んでましたね…。
もうどれが悪さをしていたか分からないほどの大量の記述に若干意識が遠のきながら、バックアップをとり冷静にrm
無事にVimが動くようになりました。

自分で色々弄ってたせいで苦手意識を持ってた件については、(特にVimmerの方々に)謹んでお詫び申し上げたい所存でございます。

最後に

どちらの事象も過去の自分がやらかしていたという…丁寧な自殺をしていたのだなぁと思いました。

そういえばターミナルの調子も最近悪いんですよね…ターミナルも結構弄ってしまったからな…。
今後からは、知識ないのにやたらめったら動かさないようにしていこうと思いました(戒め)。